読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイラタンシーはテストに出ます

参謀とかブレインとか言われる人が好きな人がだらだらしゃべっています。

個人的に実写化するならこのジャニーズ3選

季節は秋、過ごしやすい季節である。スポーツに励むもよし、食に走るのもよし。そんな中常に布団の中にいたいタイプの私は毎年「読書の秋」を選ぶ。だって、読むだけで色々な世界に行けるし、色々な経験できるんですよ。すごく楽しいですよね。それになにより何もしなくてもキュンキュンできる。だから、読書はやめられない。

そんな感じで本の虫な私*1ですが、基本的に小説を読むときは実際の芸能人の方を当てはめながら読むことが多いです。というか勝手に当てはまっていく。その方がイメージが湧きやすいのでサクサク読めます。というわけでサクッと当てはめてみた。

 

 

植物図鑑 日下部樹 大倉忠義

 

有川浩さんの大ファンです、ええ。あんな胸キュン小説書ける人中々いないですよ。糖度100%どころか120%越えのあの甘さ。たまんないですよね。そんな有川さんのお話の中でもトップクラスの糖度を誇るのがこの「植物図鑑」。最近、映画化されることが決まって驚きを隠せません。2時間で収まるとは思えないんだよなぁ。そんな植物図鑑のイメージは大倉さんです。彼が出てくる最初のシーンはヒロインの家の前でぶっ倒れているシーンなんですが、なんだろう、大倉さんって道端にぶっ倒れていそうな感じありませんか?いや、本気で。貧弱とか、か弱そうとかそういうことではなくて「道端にぶっ倒れていてもおかしくない」感があるんです。そこが一番の要因かなぁ。あとは付き合い始めるとヒロインちゃんのことをでろっでろに愛していているんですが、その甘やかし具合がまぁ、クララ(大倉くん)っぽい。というか大倉くんにはそういう風に彼女さんを甘やかして甘やかしてそうな姿が容易に想像できるし、そうしてほしい。他にも色々あるんですよ、料理ができるところとかお母さんっぽいところとか。あと、彼に笑顔で「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」「咬みません。躾のできた良い子です」って言ってほしい。ついでにここだけは譲れないのはヒロインの同僚役は絶対生田斗真さん。不憫な役なんだけどすごくいい人なのである。

 

 

カノジョは嘘を愛しすぎている 小笠原秋 加藤シゲアキ

 

これは連載開始時からファン。佐藤健さんで実写化されてしまったけど私の中ではずっとシゲアキさんが「アキ」だった。というのも黒髪外ハネ、いつも悩んでいるそんなアキの姿がシゲアキさんを彷彿とさせる。この「アキ」という人物、頭の回転が早くて料理によくわからないこだわりを持っている、それでいてときどきむくれたり、とぼけたりする。そんなところがまさにシゲアキさん!!という感じなのである。あと、彼はよくモッズコートを着ているのだが、絶対シゲアキさんのモッズコート姿可愛い。げろ可愛いと思う。それでラジコンとかやっている姿を想像するだけで軽くご飯3杯はいける。それに彼は餃子が得意料理である。餃子を楽しそうに作っているシゲアキさんを想像してみてほしい。もうそれだけでお腹いっぱいである。しかもそのシーンは餃子に対するこだわりを延々と語っているのだがそこもまぁ、シゲアキさんらしいではないか。でも一番の要因は私がシゲアキさんのことを普段「アッキー」って呼んでいるからだろう。なぜなら私の中で「シゲ」はTEAM NACSの戸次重幸さんだけだからだ。*2ごめんね、シゲアキさん。でも、このこと抜きでも私の中での「アキ」はシゲアキさんです。

 

和菓子のアン 立花早太郎 小山慶一郎

和菓子にまつわるちょっとした謎を解いていくこの話。そのなかで出てくる和菓子職人を目指すイケメンが立花さんです。すっごいイケメンなんだけどすっごい乙女なの。可愛いもんがあると思わず「可愛い~」といってテンションがあがるところや甘い物を食べると思いっきり幸せそうな表情になる。そういう乙女らしいところがあるけれども決めるところはしっかり決める。話の中でボヤ騒ぎがあるシーンがあるのですが、彼はまず最初に主人公の女の子を逃がそうとするんです。まさに紳士。そういう女の子らしさもあるけれどジェントルマンなところが素晴らしいんです。そういうギャップがあるところが小山さんっぽいなと。それに小山さん、甘い物好きですしね。シゲアキさんいわく「エクレアの回し者」らしいですが。小山さんはラジオで時々甘い物の話をしますが、その時のテンションのあがりようが女子高生より高いですからね。イキイキしすぎです。そういうところがまた、この話の立花くんにぴったり。ここで伝えておきたいのは立花くん、恋愛対象は女の子です。主人公ちゃんとの掛け合いが可愛らしいので本当に小山さんにやってほしい。

 

 

とりあえず今日はここまで。他にも色々な人に当てはめているのですがいかんせん、ストーリーをしっかり覚えている作品があまりなく…。この秋でもっと読んで色々なジャニーズさんに当てはめてみたいと思います。

*1:1日にハードカバー20冊くらい読むこともある

*2:ちなみにジャニーズWESTの桐山くんは「てるし」と呼んでいる