ダイラタンシーはテストに出ます

参謀とかブレインとか言われる人が好きな人がだらだらしゃべっています。

2018年に取った資格達

 

お久し振りです、佐藤です。今年ももうすぐ終わりに近づきますが、自担が紅白司会になったり看守長になったりじっちゃんになったりしてゆるゆると楽しく生きております。

そんな風に自担が大忙しの中全く関係のない話をしようと思います。今年というかこの歳の目標が

 

 

というわけのわからない目標だったのですが、一番最初の「履歴書の内容を増やす」というのが「資格を取る」ということでした。そしてその結果を振り返ってみようと思います。ちなみに三枚おろしはできるようになりましたが生傷は絶えません。人様にみせられるものはできてない……。JASRACを喰らった傷はまだ癒えていません。*1ということで行ってみよう。

 

取った資格

  • 数学検定準2級
  • 数学検定2級
  • ITパスポート
  • 統計検定3級
  • 簿記検定3級
  • 普通自動車運転免許(MT)

 

ということで6月から6つの資格を取りました。月イチで資格を取っていたことになります。自分でも思いますがちょっとバカだと思う。しかも社畜も並行していることもやっぱりバカだと思う。*2

普段はしがない学生をやっているのですが、受験に上手くいかなかったパターンのしがない学生なので自己肯定力が非常に低い。そもそも自己肯定という発想がない。その低い自己肯定力をどうにかしようと思ったためにやり始めたのが資格取得でした。何かしらに認められたかったのです。アイドルもアニメも野球も好きだけれどその好きは自分の一方的な感情で。逆に自分に向けられる何かしらのポジティブな感情というモノを感じて見たかった。そんな理由です。そして自分がちゃんと頑張った結果が目に見える形で表れれば自分で自分を褒められるのではないだろうかとも思いました。そして、資格は自分だけでもなくて社会的にも認めてくれるところが本当に良い。どんなに歳を取っても資格は資格。よほどのことがない限り、その資格はなくなることはないのです。道で知らない人にぶつかって舌打ちをされても私はITパスポート保持者、自転車でコケて脛から血が出ていても私はMT免許持ち‼と思えば悲しみは3割くらいは減るのです。悲しいことしんどいこと沢山あるけれど何か別の方法で自分をちゃんと認めてくれる資格は物凄く優しい。ありがとう、統計検定。ありがとう、簿記検定。

 

ここから先の内容がちょっとしたアフェリエイトサイトみたいな感じになっていますが決してそういう系統のサイトじゃないんだ‼わかってくれ!!

 

 

 

簿記検定3級

簿記 | 商工会議所の検定試験

6月に一度受けたのですが、4点足りなくて不合格。前日にバイトをフルタイムで入れていたことを激しく後悔。簿記の試験の前の日にはバイトを入れないと固く誓う。11月に受けた時はちゃんと前日に休みをもぎ取りました。しかし、当日は試験が終わった後そのままバイトに行ったのであんまり学習していないと思う。ちなみに簿記のぼの字もわからなかったのでイチから勉強しました。数字がピタっとハマる瞬間や不明な部分が1つもない状態が美しくて無茶苦茶楽しい。推定で書く精算表とかパズルみたいで好きな人は物凄く好きなんだろうなぁと思う。数字がお互いにペアがいるという状況がなんか可愛くて愛おしいなぁと。

使った教材はこの2つ。

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の教科書 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

 
みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

みんなが欲しかった 簿記の問題集 日商3級 商業簿記 第6版 (みんなが欲しかったシリーズ)

 

 

 

数学検定準2級

実用数学技能検定(数学検定・算数検定) | 公益財団法人 日本数学検定協会

数学で受験を失敗したタイプの人間なのでそのコンプレックスを打破しようという目的のもと受けました。なので受験期に使っていた参考書を引っ張り出して勉強しました(3級は数学Ⅰ・Aが試験範囲)。でも数学検定は特殊な立ち位置なのでこの問題集が数学検定に向いているわけではないと思う。 

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

 

周りの人間がレポートを書いている横で黙々と二次関数のグラフを書く絵面はシュールだよなぁと思う次第。そして若いピチピチの中高生に囲まれて受けるのも中々シュールだと思いました。久々に解く数学は楽しかったです。確率が好きなので延々とサイコロについて考えていたいと思った。

 

 

ITパスポート

【ITパスポート試験】情報処理推進機構

試験日が仮面ライダービルドの最終回で気が気ではなかった。当日の記憶はビルドのことしかないですね。ビルドは良いぞ。そしてスケジュールを組むのが死ぬほど下手なので午前中に試験を受けて午後から旅行に行きました。数時間前には試験受けてたんだよなぁ~と思いながらガイドさんの話を聴いていた。

ITパスポートは情報処理技術者試験の入門的な立ち位置の試験で経済産業省が認定している国家試験の1つでもあります。これの系統に逃げ恥の平匡さんが持っている基本情報技術者応用情報技術者データベーススペシャリストがあります。内容はネットリテラシーであったりサーバについての内容。自分が知っていること半分、初めて学ぶこと半分で普段からパソコンを使う人はもっと身近な内容なんだろうなぁと思う。GBとかJPEGとかお馴染みの言葉が出てきて色々な物事が繋がっていることを新たな視点で見られるのが資格勉強の良いところ。

平成31/01年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

平成31/01年 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室

 
平成31年【上半期】 ITパスポートパーフェクトラーニング過去問題集
 

 

 

統計検定3級

統計検定:Japan Statistical Society Certificate

元々部活で色々なデータをまとめたり表にしたりしていたのですがそれって統計だったんだ‼と個人的には感動をしました。こういう遠い存在だと思っていたモノが勉強するうちに身近な存在だとわかることが勉強、そして資格試験の楽しいところ。高校数学のデータの分析の部分が大体範囲と被るのでまた「文系への数学」のお世話になる。

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

 

 分散と標準偏差がいつまでもごっちゃになってしまう。問題で使われているテーマが面白いので個人的突っ込みながら解いていました。過去問は4級と一緒なので煮詰まると4級を解くとかしていました。問題の内容が面白くてよくバスに乗る大学生とか経理部の人のステップの幅とか考えていた。

日本統計学会公式認定 統計検定 3級・4級 公式問題集[2015〜2017年]

日本統計学会公式認定 統計検定 3級・4級 公式問題集[2015〜2017年]

 

 相変わらずスケジュールを組むのが下手くそなので試験を受けてからバイトの研修を受けていた。スケジュールが合えば大体試験終わりにバイトに行っています。

 

 

数学検定2級

実用数学技能検定(数学検定・算数検定) | 公益財団法人 日本数学検定協会

準2級がⅠ・Aなら2級はⅡ・Bです。本当に数列が苦手過ぎて泣いた。センターの第3問のトラウマ。ぐるぐるしながらまた「文系への数学」を解く。はい、「文系への数学」大好きです。

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

文系の数学 重要事項完全習得編 (河合塾シリーズ)

 

 そんなこんなで必死に数列を解いていたのに本番ではほとんど出なくて拍子抜けする。そしてパズルの問題が出てまた拍子抜けする。パズルが出るなんて聞いていないんですが⁉試験の日が家族の誕生日でプレゼントの紙袋と上履きという何とも言えない組み合わせを持ちながらピチピチの高校生と共に試験を受けるプリン頭。ぐるぐる考えながら一度消しゴムで解答を全て消したりするのはなんだか懐かしい気持ちになりました。

 

 

普通自動車運転免許(MT)

運転免許の更新等運転免許に関する諸手続について|警察庁Webサイト

クラッチー‼クラッチー‼と思うほどクラッチに悩まされていました。エンストが怖すぎてずっと左足がクラッチペダルから離れられない。でも試験本番でエンストしたりしていたので元も子もないなぁと思います。そこまでしてMTを取った理由が祖母の家にある軽トラを運転したかったからなのですが、その軽トラはもうATだったと聞いて膝から崩れ落ちた。「バカでねぇの?」と電話で祖母に言われる虚しさよ。運転しながら本当に自分は運転に向いていないな……と思っていたのですが運転させられるようなので今から戦々恐々としている。元々ラルクのライブの本人確認書類として取ったモノなので自信を持って東京ドームでみせようと思います。

 

 

 

ということで今年受けた試験の振り返りでした。来年の目標は統計と簿記の2級を取ることと語学系の試験を受けることです。数学も苦手ですが語学も苦手なので頑張ろうと思います。単語が吃驚するくらい覚えられないんですよね……。あとはもうちょっとニッチな資格を取りたい。

大体こういう資格試験は3000円~5000円くらいで受けられるのですが参考書も含めると10000円いくかいかないかくらいの金額なので中々の出費です。だけれど得られる自己肯定力プライスレス。社会的存在価値諭吉以上かそれと同等。デパコスのそれなりに良いラインの美容液や一番大きい化粧水が買えますがそれと同じ、もしくはそれ以上の自信が貰える気がします。資格はなくならないから一生小さな自信として繋がる。そう、資格は一生自分から出てくる美容液なのです。そう考えると資格のコスパって無茶苦茶良いです。コスパが全てではないけれどそれでも何かしらに認められているという気持ちは物凄く前向きな気分にさせてくれる気がする。だから資格取るのはそのことについて学べるというコト以上の何かがあります。楽しいよ、資格取るの。

*1:歌詞についての考察記事が著作権違反ということで全削除になった

*2:源泉徴収をくらうぐらいには働いている